簡単!クレジットカードの退会方法

クレジットカードが必要でなくなったり、多過ぎるから減らそうと思う人がよく居ます。しかし利用を止めていても、会費を取られるカードは会費を取られます。だからそういう時はクレジットカードを退会することです。

それで方法ですが、まず借入れが有ったら全部返済します。次にカード会社に退会したいと連絡します。そうすればカードを真ん中にハサミを入れて送ってくださいと言って来ます。カードを回収するのは悪用されない為にです。

カードを送れば後はカード会社が処理してこれで終わりです。ただ年会費が有ったら日割り計算で払うことになります。

個人情報は個人情報保護法案に守られていますから、手続き処理後は完全に抹消されます。ただ信用情報機関には退会と記されて、カード利用の経歴は残ります。当然使用を止めただけですから、金融事故扱いはされません。だからブラック扱いになるとかの心配はする必要は有りません。

そして同じカード会社でクレジットカードを作りたくなったらまた申請すればいいです。向こうも商売ですから、止めることができるほど生活が安定しているなら喜んでカードを発行してくれます。

クレジットカードが必要なくなったら、退会すればいいです。別に止めても使用できなくなって不便になる以外はまったく問題ないです。よくカード会社の印象が悪くなると勘違いする人が居ますが、まったく影響ないです。むしろ借入れ可能額が増えてクレジットカードを作りやすくなります。

クレジットカードのリボ払いについて

クレジットカードのリボ払いは月々の返済額が一定であるため、定期収入が少ない場合に生活費が圧迫されず、便利な支払方法です。しかし、デメリットも多く、仕組みをよく理解していないといつまでも返済が終わらなくなるので注意が必要です。
クレジットカードのリボ払いの仕組みの基本としては、利用残高に関係なく決まった額を毎月返済していくものです。このとき、利息は利用残高に応じた額になるため、利用残高が増えていくと、毎月の返済額で利息返済分を占める割合が大きくなり、元金が減りにくくなって支払いが長期化します。また、分割払いよりも金利が高いことが多く、利息返済分の総額が非常に高額になってしまうことがあります。
利用残高が増えても月々の返済額が変化しないため、使い過ぎに気づきにくいことにも注意が必要です。
クレジットカード会社としては、分割払いよりもリボ払いの方が利息や手数料を多く取れるため、これを利用させるために通常よりもポイントを高く設定することも多いですが、これも利用者にとっては落とし穴になります。前述のように金利が高いため、トータルで考えた場合、ポイントを考慮しても分割払いを利用した方が得になるケースもあります。そのため、ポイントだけで判断せず、その支払方法が自分によって適切であるか検討が必要です。
クレジットカード会社によって違いがありますが、利用残高に応じて自動的に返済額が引き上げられるものや、自分で引き上げるものなどがあります。そのため、利用する場合には現在の状況に応じて支払額を変更し、利用残高が膨れ上がらないように注意すると良いです。

クレジットカードを初めて作るとき気をつけたいこと 

クレジットカードを初めて作るとき気をつけたいことは、自分にとって、最も使いやすいカードを選ぶという事です。
せっかく作っても、ほとんど使わず、年会費だけを取られてしまうと損になるだけなので、まずは複数のクレジットカードをじっくり比較してから決めるようにしたいですね。

クレジットカードには、クレジット会社が発行しているプロパー系カード以外に、銀行系カードや流通系カード、鉄道系カードなどがあります。
ただしプロパー系カード以外のクレジットカードは皆、クレジット会社と提携企業が組んで発行している、提携カードなので覚えておくようにしましょう。

銀行系カードというのは、銀行が発行しているもので、キャッシュカードとクレジットカード両方の機能を持っていて、ATMの時間外手数料やコンビニでの引き出し手数料がお得になります。
流通系カードというのは、スーパーやコンビニなどに対応しているもので、買い物によるポイント優遇があったり、数%OFFで買い物が出来る日があるなど、ショッピングには大変役立つカードです。
鉄道系カードというのは、全国のJRや私鉄との提携カードのことで、定期券購入でもポイントが貯まりますし、系列の百貨店で使っても、お得に買い物することが出来ます。

初めてクレジットカードを持つときは、どれが自分にとって一番お得かを考えてから持つようにしましょう。
出来るだけ年会費無料で、お得にショッピングが出来るものを選ぶようにしたいですね。